男性も脱毛エステサロンに通う時代

男性も脱毛エステサロンに通う時代

人間が他の動物の外見上の大きな異なる点はなんでしょうか。二足歩行すること。もちろんそうです。もう一つ、体毛に覆われず肌が露出した部分が非常に多い、という点も上げられます。体毛が少ないこと。それが人間の特色です。そのせいか、人間は「毛」に関して特別視してきたようです。宗教的には「毛」は不浄なもの、欲望、情欲の象徴として見なされてきました。旧約聖書に「サムソンとデリラ」というエピソードがありますが、剛力無双のサムソンという男は決して髪を切ることがなく、髪に彼の人間離れした力の秘密があったとされています。また、男性的でワイルドな人間はしばしば「獣」に喩えます。「獣」は「毛モノ」に通じ、「毛」は凶暴な獣性を象徴しているのかもしれません。不思議なことに、キリン、ゾウ、馬、牛、豚などは「獣」とは呼ばれませんね。やはり「獣」という言葉で連想するのはオオカミやライオン、トラという肉食系の動物たちです。こうして考えると、「毛」は野性的で魔力があって秩序を乱すものであると考えられてきたのではないでしょうか。人間が人間らしくあるためには、「毛」を管理する必要があったのでしょう。髪の毛や髭を整え、眉を剃り、むだ毛を処理する、という習慣が行き渡っているほど、洗練された文化をもつ社会でした。1960年代末に広まったヒッピー文化は男性の長髪がシンボルでしたが、それは社会の秩序をひっくり返してやる、いう意思表示だったわけです。かつてにないほど管理が行き届いた現代社会では、より徹底した脱毛がされるようになりました。脱毛サロンのサービスが流行なのは、この社会が、非常に洗練された文化である証と言っていいでしょう。男性がエステで脱毛するのもめずらしくないことです。一昔では男性の脱毛は想像もできませんでした。いみじくも、今の男性たちは「草食系」と言われています。もはやワイルドさは男性とは無縁になりつつあるのかもしれません。

脱毛と聞けば女性の美容の為に行うものとしてのみ存在し、男性が行うイメージはありませんでしたが昨今の男性の女性化に伴いメンズエステサロンという場所で男性も脱毛するようになっています。そこで多くの男性の悩みであるヒゲの脱毛もメニューに加えてほしいと思います。特に私は、ひげが濃く、一日忘れただけで無精者のレッテルを貼られてしまいます。似三日放っておくと立派な山男です。毎朝きちんと剃っても夕方にはジョリジョリという具合で女性には受けが悪いです。同じような悩みを持った人は多いらしく私が脱毛サロンにお願いしなくても、検索サイトでヒゲ 脱毛で検索してみると夕方のヒゲのようにうじゃうじゃと見つかりました。目的のサイトにはヒゲを卑下するようなキャッチコピーが並び、すぐにでもサロンの予約をしようかなと感じさせるに十分です。専門家に頼らず自分でヒゲを抜くのはさらにヒゲが濃くなるリスクが大きいとも説いております。私は講義や会議等で眠たくなった時、長く伸びたヒゲをピンセットでつかむように爪の先でつまみ、ヒゲを抜く痛みで眠気を覚ますという技を体得していたのですが、毛根にヒゲが埋もれさらにヒゲが濃くなる原因と知りショックを受けました。ヒゲの永久脱毛というものもありひげが伸びてくる周期にあわせてヒゲを抜けば女性のように永久につるつるとはいかなくてもかなり薄くなることも書いてありました。いやしかしまてよ。男に生まれた証としてせっかくのヒゲをなくしてしまうのは早計です。しかも値段も安いものではありません。脱毛完了までトータルで安くて5万円(体験を除く)、最高クラスでは30万円にもなります。散髪屋でひげを剃ってもらったら千円くらいですみ、自分でやれば無料です。期間も半年から1年半も通い続けなくてはなりません。そのような面倒があるのなら自分で好きなように剃ったほうがいいのではと考えに辿りつき、鏡の前でどんなヒゲがかっこいいか試行錯誤をしてヒゲライフを楽しんでいます。そのうちヒゲが流行になる次代を願いながら。

インターネットで全身脱毛の情報を集めていると、エステのサイトにクリック誘導したがっているアフィリエイトサイトがたくさん存在していることに気がつくと思います。そういったサイトでは、フラッシュ脱毛は光の出力が低いからレーザーやニードルよりも安全、といったような記事が記載されていることが多々あるのです。しかしこの文章には一箇所、根拠の希薄な部分があります。それは、レーザー脱毛よりも安全、と表現してしまっている部分です。 レーザー脱毛よりもフラッシュ脱毛の方が安全というのは、少し早合点な意見といえます。確かに、フラッシュ脱毛はレーザー脱毛よりも光の出力が低いです。医療機器にならない程度の出力の機器でなければ、エステで扱うことができないからです。レーザー脱毛のレーザー照射機、フラッシュ脱毛のフラッシュ照射機、この二つの機器を比較した場合には、確かにフラッシュ照射機の方が安全度は高いといえるかも知れません。 しかし、全身脱毛の安全性を考えるに当たっては、使用する機器のみを比較しても仕方ありません。その機器を使用する施術者を比較する方が重要なのです。全身脱毛は体中の毛を生えにくくさせるための体質の改変です。人の体に手を加えるのですから、施術者は誰が適任なのか言うまでもありません。エステティシャンが施術を行うフラッシュ脱毛と美容外科医などの医師が施術を行うレーザー脱毛とでは、施術者に差がありすぎるのです。 つまり、全身脱毛はエステで受けた方が安全というのは間違いなのです。エステティシャンはあくまでも美容のプロであり、医療に関しては素人です。万が一トラブルが発生した場合、エステティシャンでは医学的な処置は不可能です。もし全身脱毛をエステで行うのであれば、必ず事前に、トラブルが発生した場合にすぐに見てもらえる提携病院などがあるのか、確認しておきましょう。また、カウンセリングなどで過去の実績なども確認しておくべきでしょう。施術は安全第一なのです。

永久脱毛とひとことで言っても、種類は色々とあることをご存じでしょうか。 大きくわけて3つの種類があります。「ニードル脱毛」、「レーザー脱毛」、「フラッシュ脱毛」です。ニードル脱毛は、針のようなニードルと呼ばれる機械を毛穴に刺して施術を行う方法で、1本ずつむだ毛を処理します。そのため、一番確実に永久脱毛ができる方法とされています。レーザー脱毛は幅広い機械でレーザーを照射していき、処理していく方法です。フラッシュ脱毛もレーザー脱毛に似ているのですが、どちらかというとレーザー脱毛の方が効果が高く、そのためレーザー脱毛の方が医療機関と提携していることが多いです。 そして、この3つの脱毛方法によって、値段も異なります。3つの中ではニードル脱毛が一番高額で、次にレーザー、そして一番安いのがフラッシュ脱毛です。エステサロンの安いコースはフラッシュ脱毛であることが多く、安価ですがレーザーよりも永久脱毛の効果は緩やかであるため、脱毛が完了するまでに、長期間かかってしまうのが難点です。 永久脱毛にはこのように種類がありますが、ここで迷ってしまうのはどの永久脱毛を選べばいいかということです。それは好みにもよるのですが、まずは機械との相性も考えるべきでしょう。その理由は、ニードルの機械は毛穴に針を刺して施術が行われるので、痛みに敏感な人にとってはガマンしきれないこともあるからです。また、敏感肌の人やヒゲなど顔を脱毛したい場合はいざという時のことを考えて医療機関と提携しているレーザー脱毛を選んだ方がいいと感じる人もいるでしょう。 もちろん、この3つの脱毛方法を比較して申し込む人もいますが、金額が安かったから、友達が通っているからという理由で通い始めること人も多いです。肌に優しい脱毛をしたいという場合や、多少痛くても永久的に脱毛したいという場合など、望む脱毛方法がそれぞれ異なりますので、それぞれの脱毛方法の利点を考えたうえで、自分にあった脱毛を選びましょう。

日本においては一般の男性がムダ毛の脱毛することは稀であり、あまり見かけませんが、スポーツ選手に限れば、男性でも脱毛している割合がぐんと高くなります。ムダ毛の脱毛率の高い競技は、競輪でしょう。競輪選手はすね毛を生やしていると、転倒したときにすね毛がブレーキの役割となり、すね毛が肉を引っ張って、肉を剥がすように働くため、高速で転倒した場合はとても危険です。怪我防止のために試合の前日には必ずすねをつるつるに剃るのだそうです。まさに「毛がなくてよかった」ということで納得がいきます。毛が無いのが目立つのは水泳選手です。トップスイマーは水の抵抗を少しでも減らすために全身の毛を剃るようです。これもよく納得できます。同じ裸の競技ではボディービルがあります。全身の筋肉を美しく見せる競技ですので毛により筋肉が見えづらくなるのは不利になり、高得点が得られないので脱毛するそうです。毛だけでそんなに変わるものかとも思いますがこれも分からなくはないです。昨今目立つのが体操選手の脱毛です。欧米の体操選手はほぼ100%ワキ毛を処理しています。それに追随してアジア等の選手も処理をしています。しかし演技を採点するのにワキ毛の有無を考慮するのは納得できません。しかも採点者の完全な主観です。そんな主観に従うのは癪に障るでしょうが実際点を低く抑えられては馬鹿らしいので処理するしかありません。新技シライを武器にする白井選手も脱毛に踏み切りました。現在は内村選手だけがワキ毛をこれでもかと生やしています。流石はオリンピック金メダリスト、技で魅せるという自信があるからでしょう。一番合点のいかないものは、欧州サッカーリーグ所属の選手の陰毛の脱毛です。ボールの競り合いの際に不利になるのかと思いましたが、剃る理由はチームメートに「不潔だから剃れ」といわれるからだけのようです。郷に入れば郷に従えとは言いますが、全く理解できません。いいかげん欧米の価値観を押し付けるようなことはやめてほしいです。しかしスポーツ界が欧米人に支配されている限り脱毛の習慣は続くのだと思います。圧倒的な力の差で対抗しない限りは。

長い間プロレスファンの私は昨今のプロレスを見ていて何か違和感を感じることがあります。それはレスラーが無駄毛を処理していてとてもこぎれいになっていることです。皆、脱毛をしているからでしょう。ヒゲをはやしていてもきれいに整えられたものです。例外は武藤選手の坊主頭に胸毛が目に付く程度です。ひと昔前のレスラーは体毛をぼうぼうと生やしていてまるで野獣のようです。なにか得体の知れない異形のものといった感じでそれだけで強さと恐ろしさを醸し出していました。その筆頭がマサ斉藤でまるで熊のような風貌をしておりました。外国人選手では、インドの狂虎タイガージェットシンや超獣ブルーザーブロディーが体毛がボウボウでした。これらレスラーは見た目のせいだけで人間離れした強さなんだろうと子供ながらに思っていました。彼らのような個性的なレスラーが引退してから変わってきたのだと思います。まずアメリカのマット界で毛を不潔だと嫌う欧米人によってムダ毛の脱毛が進んだので日本でもそれに習い脱毛が流行りました。さらにプロレス会場に女性が多く出入りするようになってから脱毛済みのレスラーが支持されるようになったのだと思います。しかし私のようにプロレスに男のロマンやノスタルジーを求めるファンにとってはとても残念に思います。脱毛と共に野獣のような力強さや狂気も抜かれたように感じます。レスラーは近所のお兄ちゃんではあってはならないのです。(タイガーマスクを除く)近寄りがたい化け物なのです。脱毛することによりどのレスラーも同じような体で同じような技を繰り出しているように見えてしまい、個々のレスラーに魅力を感じなくなりました。そのあたりにプロレス人気の低下の原因があると思います。脱毛サロンに行く余裕があったら虎の穴で練習してオリジナルフィニッシュホールドのひとつでも編み出してほしいです。それが出来ないプロレスならばもう終わりです。ジャニーズと韓流スターにプロレスをさせるしかありません。実現すればプロレス人気がV字回復するかもしれません。そうなれば、おおいにムダ毛の脱毛して女性ファンを魅了して下さい。私は見ませんが。

寒がりの私は今年の冬はとても厳しく感じました。ヒートテックの服を数多く買って重ね着する事で、何とかしのいで寒い季節を乗り越えることが出来た感じがします。春が近づき、やっと暖かくなり、重ね着の枚数を減らして薄着になっていきました。薄着になるのはとても気分の良くて、肩こり持ちの私には嬉しい事なのですが、毎年の様に頭を悩ます事が問題点が出てきます。薄着になり肌を露出した時に、どうしても無駄毛が気になってしまいます。女性で同様な悩みを持っている人は多いです。友人や同僚に聞いてみると、同じ様に悩んでいましたが彼女たちはエステや脱毛サロンに毎年通って処理していると言っていました。小耳に挟んだことですが、なんと男子同僚にもエステに通って無駄毛処理している人がいるとの話しです。私も何年か前からエステに行って処理してもらう事を考えてはいるのですが、値段や安全性を悩んで自分で処理し続けてきましたが、正直言って手間が面倒なのと、不器用な為に、綺麗にしようとすればするほど肌が荒れてしまって後悔していました。そんな事もあり、今年こそエステサロンに行ききちんと処理してもらおうと考えています。脱毛エステを選ぶのはなかなか難しいです。まず、通いきれなくては意味が無いのでお店の立地が重要です。出来れば仕事帰りに気軽に行きたいので、職場と家との道中にお店があると嬉しいです。調べてみると、私の場合、地元の駅は小さい駅なのでお店はひとつもありませんでした。職場の駅と乗り換えの駅は大きい町で、駅利用者も多い為か、周辺に数店舗ずつありました。職場の駅だと小心者の私はどうしても会社の人の目が気になってしまうので、乗換駅の数店舗から選ぼうと思います。次に大切なのは営業時間の問題です。仕事が終わってから通える時間まで営業していてほしいものです。調べてみると、大手の有名店舗はかなり遅くまでやっているので仕事帰りに通えそうです。この大手店舗に絞って脱毛コースを選んでみたいと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ